保存料

ドッグフードに使用される保存料

たくさんのワンちゃんがいますが、あなたのお宅で飼っているのはどんな種類のものでしょうか?
可愛い愛犬に長生きしてもらう為には、ドッグフードもこだわりたいもの。含まれている保存料なども、気になるところでしょう。

人間もそうであるように、ワンちゃんも食べたものによって作られて行きます。
ですから、体に必要な栄養素がちゃんと含まれていることはもちろん、体に安全なものを使っているかどうかも、非常に気になるところです。
あなたは添加物についてチェックしてから、ドッグフードを選んでいるでしょうか?

多くのドッグフードに用いられているのが、長期間の保存が可能になる保存料です。
これが含まれていないと、やはり長い間保存することができなくなります。
ですから、どうしても必要になってきてしまうと言っても良いかもしれません。
とは言え、保存料と言っても種類があって、中には心配なものもあります。
ブチルヒドロキシアニソールは、別名BBAとも表示されることがあります。
この成分は、膀胱ガン、甲状腺ガンの可能性がある発ガン物質。
またエトキシキンは、抗酸化作用や防腐力がありますが、その威力が非常に強すぎる為安全とは言い切れません。
ジブチルヒドロキシトルエンも、ガンを誘発する危険があると言われています。
これらの添加物は、危険ですので避けるべきです。

もちろん、防腐剤にも安全なものもあります。
それは、天然由来の成分を使ったものです。
天然由来成分でできている保存料は、合成保存料と比べて力が弱いのであまり長期間の保存は難しいかもしれません。
しかし、体にとって負担が少ないのでこちらの方が安心だと言えます。
ドッグフードを選ぶ時は、是非合成人工添加物が使われていないものを選ぶようにしましょう。

ワンちゃんは、自分で食事を用意することができません。
だからこそ、飼い主さんがチェックして安心安全なものを選んであげる必要があるのです。
保存料や酸化防止剤についても、しっかりと確認しましょう。