保存料

動物性栄養素の強いドッグフード

人の味の好みは様々。
中には、お肉が大好きな人もいますし、反対に野菜を多く食べる、ベジタリアンと呼ばれるような方もたくさんいらっしゃいます。
では、ワンちゃんはどのようなものを好んで食べるのでしょうか。

そもそも犬は、肉食動物。
非常に肉食に近い雑食です。それは、ワンちゃんの歯を見てみれば分かります。
原始の頃からほとんど変化が見られないと言われる犬の歯は、引きちぎることは得意であっても、かみ砕いてすりつぶすような行為は得意ではないつくりをしています。
また、腸の長さも短めにできており、それは栄養素を早く吸収し、要らないものはすぐに排出できる為だと言われています。
ですから、理想的なドッグフードとは、本当は肉を中心としたものなのです。
動物性のタンパク質が多めに必要ですが、穀物類はあまり必要な栄養素ではありません。
これは、私達人間とは違う特徴です。

このような理由から、動物性栄養素の強いドッグフードは心配せずに与えることができます。
中には、動物性栄養素が多いものをワンちゃんに与えると、健康を害してしまう以外にも、太ってしまうのではないか、と不安に考える方もいるようですがそんなことはありません。
しっかり栄養素を摂って水分を摂る。
そして、たくさん運動させることができれば、最高の環境だと言えるでしょう。

ドッグフードを選ぶ時は、是非含まれる成分などもチェックして選んでみてください。
安心できるものを選び、必要な量だけその都度買うようにすること。
一度にたくさん買ってストックするのではなく、少量をその都度買うのがポイントです。
これは、ウェットタイプのドッグフードだけに限ったことではありません。
ドライタイプのドッグフードも半生タイプのものも同じです。

牛肉やチキン、ラム肉など、動物性のたんぱく質が含まれるドッグフードがたくさんあります。
ワンちゃんは、自分でえさを獲得してくるのではなく、飼い主さんの選んだものを食べて成長します。
ですから、ワンちゃんの健康は飼い主さんにかかっているということをよく覚えておきましょう。
そして人間の食べ物をドッグフード代わりにするのは絶対にやめましょう。