保存料

人が食べても大丈夫?

本当にワンちゃんが好きな方は、ワンちゃんのことをたくさん知りたいと思うのも当然でしょう。
あなたは時々思ったりしませんか。
愛犬がいつも食べているドッグフードって、一体どんな味がするんだろうかって。

人間が美味しいと感じる条件は、味や食感、そして香りなど色々なことが複雑に絡み合いその結果判断されます。
これには個人差もあって、味付けや香辛料などの好き嫌いも大きなところです。
しかし犬の味覚は人間とは異なっていて、美味しいと感じる条件も違います。
ワンちゃんは、人間のように複雑な味付けがほとんど分かりません。
それよりも、匂いや食感などによって味の美味しい美味しくないを判断しています。
また、人間の食事のように濃い味付けも必要ありません。
塩分が多くなると、むしろあまり汗をかかないワンちゃんにはデメリットになるからです。

ドッグフードを人間が食べることはおすすめできません。
なぜなら、ドッグフードと言っても色々なものがあるからです。
中には、人間が食べても大丈夫だと謳っているハイクオリティのものもありますが、そういったものばかりではなく、添加物や材料そのものに心配があるものも残念ながらあるからです。
また、はっきり言ってドッグフードはワンちゃん用に作られたものですから、人間が食べても美味しくは感じないでしょう。
もちろん、これはないことだとは思いますが、ドッグフードを食べて栄養を摂ったり料理の材料にしたりすることもやめておくことをおすすめします。

今は、信頼されるメーカーなどでは、間違って子供が口にしてしまっても健康を害することがないよう、材料や管理をしている所もあるようです。
しかし、それでもワンちゃんの餌はあくまでもワンちゃんの餌だと認識しておく方が良いでしょう。

もしワンちゃんが餌の食いつきが良くないと思ったら、匂いを工夫してみると良いでしょう。
味ではなく匂いです。これだけでも、食欲がアップすることもあります。