保存料

冷凍ドッグフードのメリット

ドッグフードには色々な種類があります。
「ウェットタイプ」や「半生タイプ」、そして「ドライタイプ」などです。
どれもメリットがあり、色々なメーカーから多数販売されています。

ウェットタイプは、素材の食感が味わえるところがメリット。
それに、柔らかくて食べやすく美味しい匂いもワンちゃんに好まれる理由です。
ドライタイプは、栄養バランスが良くて日持ちするところも良いところです。
歯石が付きにくいなどの良さもあります。
また半生タイプは、セミモイストフードなどと呼ばれることもあります。
ドライタイプよりも柔らか目です。
そして今、もう一つのタイプが注目されています。
それが、「冷凍ドッグフード」と呼ばれるものです。

冷凍ドッグフードは、食べ方も簡単です。
電子レンジで温めて、そのまま少し冷ますだけで与えることができます。
または、お湯で温めてから冷まして与えることもできます。
与える時は、少し崩してから与えるようにすると食べやすいでしょう。
冷凍ドッグフードは、冷凍することにより長期保存を可能にしています。
その為、一般的に使われているような保存料や防腐剤なども使わずに保存ができます。
つまり、極力抑えたい保存料や防腐剤を避けることができるのです。
できるだけ無添加ドッグフードかまたそれに近いものを与えるのが良いですよね。

ウェットタイプ、半生タイプ、ドライタイプや冷凍タイプ。
ますますドッグフードの選択肢が増えそうです。
いずれにしても、選ぶ時は内容をしっかりとチェックして安心できるものを選ぶことが必要です。
気になるものが入っていないか、必ずチェックしてください。
ドライタイプのドッグフードが苦手なワンちゃんには、冷凍タイプのものを試してみるのも良いかもしれません。
柔らかいですし水分も多いですから、こちらの方が食べやすいかもしれません。

ドッグフードを手作りしたいと考えている方の理由の中には、保存料などが気になるなどの話しを聞きます。
冷凍タイプであれば、作り立てをそのまま冷凍しているので安心です。