保存料

小型犬用と大型犬用、各ドッグフードの特徴

最近のペットブームによって、犬を飼いたいと考える人も多いと思います。
犬を飼うことになった場合、餌はドッグフードを与えることがほとんどです。
発売されている商品は小型犬用と大型犬用等、犬の大きさによって分けられています。
それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

昔から人間の良きパートナーである犬は、長い年月をかけて品種改良されていき現在では数え切れないほどの犬種があります。
成犬でも手のひらに乗りそうなほどの小さい種類もあれば、大人の男性ほどの大きさに成長する種類もあります。
ドッグフードは犬の大きさによる特徴を考慮して作られていることから、商品には「小型犬用」「大型犬用」等と区別されて販売されていることが多いです。

小型犬は大体10キロくらいまでとされています。
小型犬は口のサイズが小さいため、大きい粒だと噛み砕きづらいことがあるために、ドッグフードは粒が小さく作られています。
また胃腸のサイズも当然小さいことから、一度にたくさんの量を食べることができません。
そのため消化の負担にならないように小粒タイプになっています。
また他のサイズと比べると、小さな犬は基礎代謝が高いためにカロリーが多いということも特徴的です。

大型犬とは大体25キロ以上を指しています。
大きな犬はあまり噛まずにドッグフードを食べることが多いことから、噛まないで飲み込むようにして胃に入っても消化しやすいように、柔らかく作られているのが特徴です。
基礎代謝が低いので、他の大きさのドッグフードと比べるとカロリーが少ないことが多いです。
さらに大型犬は胃や腸が弱いことが多いですので、腸内細菌を整える栄養素を配合しているドッグフードなども売られています。

同じ犬でも小型犬と大型犬ではそれぞれ食べ方や消化などに大きな違いがあります。
犬の健康のためにも、なるべく身体の大きさに見合ったドッグフードを与えるようにこころがけましょう。
また、気になる外国産ドッグフードの安全性についても参考にご覧ください。