保存料

缶詰ドッグフードのメリット

ワンちゃんに限ったことではありませんが、ペットを飼っている方が一番気になるのが毎日与えるエサではないかと思います。
ドッグフードを手作りしている方も多いですが、市販のものを購入している方もたくさんいます。

ドライタイプや半生タイプ、冷凍タイプなど色々なものがありますが、ウェットタイプのドッグフードも人気がありワンちゃんも好きな子が多いです。
ドライタイプのものだと、栄養バランスが取れているなどの良さもあるのですが、素材本来の味を味わうことが難しいといったデメリットもあります。
それに、良くも悪くも硬い食感になっています。
その点ウェットタイプのものは、お肉はお肉本来の味を楽しむことができますし、柔らかくてジューシー。
美味しい匂いも、嬉しいメリットだと言えます。
それに、水分が多いのも良いところです。

ウェットタイプのドッグフードは、缶詰に入っているものも多く見られます。
缶詰ですから、缶を開けない限り保存も長くききます。
しかしながら、一度開封してしまったらドライタイプのようにはもちません。
一日以内で食べきらなければなりませんし、保存する時も冷蔵庫などでする必要があります。
間違っても、ワンちゃんの食器に入れっぱなしにして置くことはできません。
このようなことをすると、ワンちゃんがお腹を壊してしまうことも考えられます。

また、缶詰などに入っているウェットタイプのものは、カロリーが高いドッグフードなことも多く、その為たくさん与え続けていると太ってしまうこともありますので注意が必要です。
嗜好性が強いので、気を付けて与えなければなりません。
それに、ウェットタイプのドッグフードのように柔らかいものばかり食べていると、顎も弱って来てしまう可能性もあります。

柔らかいので、老犬や仔犬など噛む力が弱いワンちゃんには良いとも言えます。
ただ、添加物が多い物が少なくないですから、そういったこともチェックしながら選ぶようにしましょう。